//

Let's Share

Search NEW POST

愛知県豊田市にあるiPhone修理・買取・格安SIMのDapple豊田元町店がガラス割れと液晶破損の違いをお教えします

iPhoneの故障で最も多いのは画面破損です。

 

iPhoneの画面は大きく分けると「フロントガラス」と「液晶」になります。
ここでは「ガラス割れ」と「液晶破損」の違いについてご説明いたします。

 

ガラス割れとは

画面の破損がガラス表面のみの場合はガラス割れになります。
もし画面の表示部分にガラス割れがあっても、液晶表示・タッチ操作に全く問題がなければガラス割れ修理になります。
ガラス表面のみの破損なのか、それともガラス背面のタッチパネル、液晶まで破損しているのかを調べる方法があります。
背景画面が白い「カレンダー」や「メモ」などのアプリを使用します。
ガラスが割れた部分の断面は無数の光の乱反射が生じるため、この画面全体が白いアプリを使うことで割れたガラスの破損状況が確認しやすくなります。
iPhoneのガラスは線状に割れる性質を持つで、割れている線が細ければガラス表面のみの破損によるガラス割れになります。
線がクモの巣状に広がっていたり、太い場合はガラス背面まで破損していることが多いため、ガラス割れではなく液晶破損になる場合があります。

iPhoneのガラスは、ほんの少しでも割れてしまうとその部分の強度は著しく低下します。
そのため、そのまま使い続けることにより割れた部分に負荷が集中してかかり、液晶まで破損してしまいます。
液晶破損が原因でiPhoneが動作不能になる場合もあります。ガラスが割れてしまったら、早めに修理に出されることをおすすめします。

 

液晶破損とは

液晶破損は「液晶自体の破損」と「基板と液晶などを繋ぐケーブルの破損」の大きく2つに分けられます。

液晶破損には、ガラス背面まで破損しているもの、画面表示に様々な色や線が入るもの、液晶に黄色や黒色のシミのような症状が発生しているものなどがあります。ガラスが割れていなくても発生する場合があります。

基板と液晶などを繋ぐケーブルの破損には、画面表示の全部または一部が映らないもの、タッチの反応が効かないもの、液晶に無数の四角が表示されるものなどがあります。ガラスが割れていなくてもて発生する場合があります。

「ガラス割れ」と「液晶破損」の違いをご理解いただけましたでしょうか?
どちらの場合も、落下などの衝撃が故障の原因になります。強化ガラスフィルムやケースで大切なiPhoneを守るのがおすすめです。

 

 

 

#iPhone修理
#iPhone買取
#Apple
#docomo
#au
#SoftBank
#Ymobile
#UQmobile
#Umobile
#iPhoneX
#iPhone8 Plus
#iPhone8
#iPhone7 Plus
#iPhone7
#iPhoneSE
#iPhone6s Plus
#iPhone6s
#iPhone6 Plus
#iPhone6
#iPhone5s
#iPhone5c
#iPhone5
#ガラス割れ
#液晶破損
#画面割れ
#バッテリー交換
#バッテリー膨らみ
#バッテリー寿命
#水没
#水濡れ
#防水
#耐水
#ソフトウェア更新
#アクティベート
#SIMロック解除
#アクティベーションロック解除
#カメラ無効化
#格安SIM
#格安スマホ
#iPhoneケース
#液晶フィルム
#ガラスフィルム
#モバイル保険
#名古屋市
#緑区
#名古屋市緑区
#天白区
#みよし市
#岡崎市
#日進市
#豊明市
#刈谷市
#安城市
#東郷町
#ダップル
#Dapple豊田元町店
#Dapple名古屋緑店
#Dapple豊田店
#Dapple名古屋栄店

Go Top